HOME > Blog

Blog

2019年2月6日(水)

IMG_3374.jpg

ロンドンの60年代のカーナビー
ストリートの事を考えていました。
当時の60年代のロンドンって
音楽もファッションも
勢いがありました。
カルチャーや
文化は
いつも
その時代の
熱とともに
あったと思います

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

9b826b7dc8ba3d0ed220647dece5a31c.jpg


2019年2月4日(月) 

IMG_1050.jpg

毎日、丁寧に珈琲を淹れます
沢山の珈琲豆から厳選して
これは美味しいという
珈琲豆を選んで来ました
最近の若者たちの
珈琲の味覚って
10年前とは
全く違って来ている
ように感じます
流行の珈琲店で
飲む珈琲は
どの店も
美味しいとは
思えない
そこで
昔ながらの
濃くて
苦みと酸味を少しだけ
感じる珈琲を
淹れています。
美容室で
出される珈琲って
美味しい?ものって
それほど多くはないはず
そこで
こだわった珈琲を
淹れるようになりました
というよりは
僕が珈琲が
好きだから
こだわって
淹れているだけ
なんですね

SAIKAディレクタ-  齋藤嘉弘

4d478d2316611435f11a62f10ab5322d.jpg


2019年2月3日(日)

R0016340.JPG

美しさを保つ
ヘアは
生きものなので
髪を
美しく保つ
ことが
とても
必要なことです

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

3fe8beaf8bf10591a0c715da809ffa44.jpg


2019年2月2日(土)

IMG_2324.jpg

乾燥する冬
ヘアには
潤いを
ヘアが
輝けば
毎日の
世界観が
変わります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

3.jpg


2019年2月1日(金)

R0017502.jpg

2019年もあっと言う間に
2月にはいりました
SAIKAでは
今の時代を
愉しむ
それぞれの
生活シーンに
あったヘアデザインを
いつも考えております

ヘアスタイルは
女性を輝かせる
最大の武器
年齢ではありません
誰でも
素敵になれる
ヘアが
SAIKAには必ずあります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

1d3e26ce307c49453893f0720cce36f4--make-up-to-be.jpg


2019年1月31日(木)

DSC_8436.JPG

SAIKAはほかの
HAIR SALONとは
全く違う
その違いは
来店される女性にしか
わからない

Monica Vitti.JPG

女性のHAIRを考えることは
このうえない自分の天職だ
そういうことをわかるように
なったのは僕自身が50歳を
過ぎてからだった。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

2019年1月30日(水)

IMG_1159.jpg

1960年代のフランス映画から
ヒントを得る事がたくさんある
それは、ニュアンスだ
ニュアンスはHAIRをつくるうえで
とても重要なことだ
一人の女性のヘアスタイルには
必ずニュアンスを入れる
そのニュアンスこそが
一人の女性を輝かせる要素につながる

Monica Bellucci 08.jpg

現代の女性は
自分のセクシーを
理解できる人が多い
美容師、それじたいが
わかっていなければ
女性のセクシーであることの
デザインなど考えられるはずもない

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

2019年1月28日(月)

IMG_0927.jpg

フェミニストという言葉が
あるとすれば、女性は
誰でもその部分を持ち合わせている

images-29.jpeg


大胆なバングデザインは
大人の女性にとっては
可愛らしさと大人っぽいを
両方同居させることが
可能になる

SAIKA ディレクタ- 齋藤嘉弘

2019年1月27日(日)

IMG_0922.jpg

夜の景は、妖しく
そして妖麗な気配が
包みこんでいく
女性は昼と夜の
装いを変えられる
美意識は
夜にも開花される
人達も存在する

images-26.jpeg

ヘアスタイルによって
観られ方が変わる
女性にとってヘアを
どうイメージの中に
おいておくかが
とても重要なことなんだと
思えてならない

SAIKAディレクタ-  齋藤嘉弘


2019年1月26日(土)

IMG_1118.jpg

人との出会いは大切にしなければ
ならない。現代社会では友達が少ない
という事をよく耳にする。
人の出会いがあるからこそ
面白いのだと思う。
面倒なことではけしてない

images-21.jpeg

髪にカールやウェーブがつくことは
女性にとってはこのうえない
極上のひとときではないかと
考えることがある
ヘアそれじたいが
美そのものだと思えてならない

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ