HOME > Blog > アーカイブ > 2018年4月アーカイブ

Blog 2018年4月アーカイブ

2018年5月31日(木) 

IMG_2855.jpg

画像•SAIKA

色彩理論によれば、色相環上で向かい合う2色か、色相環上で等間隔に三角形を形成する3色か、長方形を形成する4色(実際には、色相環上で向かい合う色を2対)を使えば、調和のとれた色の組み合わせになります。調和のとれた色の組み合わせは、カラースキーム(配色)と呼ばれます。「色彩調和」という用語が使われることもあります。色相環のどこをとっても、カラースキームでは調和が保たれます。



reception-tablemodern-reception-desk-akomunn-reception-desk-modern-reception-table-design-l-af2539f150b2f160.jpg


2018年5月30日(水) 

IMG_2454.jpg

画像•SAIKA

色彩の配置を
たくさん
研究していく
ことが
素敵の
意味を
説明かす
ことでもでききる

images.jpegUnknown.jpegimages-3.jpegimages-6.jpeg





2018年5月28日(月) 

IMG_1160.jpg

画像•SAIKA

色の配色を
徹底的に
分析して
インタリアに
反映していくことは
とても大切なことです
生活の中で
色の配色において
重要な
ポイントでもあります






gakudai_powderroom-thumb-600pxxauto-35497.jpg




2018年5月27日(日) 

IMG_1118.jpg

画像•SAIKA

鏡の中の
世界は
現実とは
また
少し違う
不思議の国


3666406d932d1ac427810cd0c3b66a1f.jpg



2018年5月26日(土) 

IMG_2808.jpg

画像•SAIKA

ヘアスタイルは
デザインが大切です
そして
インテリアも
デザインが
大切です
ようするに
目に見えているもの
全てが
デザインなんです。

SAIKA   斎藤嘉弘



b-diagram-red.jpg



2018年5月25日(金) 

IMG_2743.jpg

画像•SAIKA

東京じゅうの
カフェやレストラン
ホテルのロビーなどを
時間があったらでかけて
見るようにしています。
特にお掃除がゆきとどいて
いるか?空調はどなってるのか?
隅々までチェックします
どんな有名なインテリアデザイナーや
建築家がつくったもので
あっても使用している人に
よるところが
もっとも重要だからです。
有名なところほど
掃除などの見落としている
ところがほとんどです。
TVやマスコミ関連が
こぞって有名だからだけで
とりあげているのですから
本末転倒なのです。
オーナーは徹底的に
任せっぱなしにしないで
チェックをいれることが
大切だと思う事が
しばしばあります

SAIKA  斎藤嘉弘


industriel-salle-de-sejour.jpg


2018年5月24日(木) 

IMG_2805.jpg

画像•SAIKA

インテリアは
イメージがとても
大切だと思っております
印象を
どのように残せるのか?
そんなことを考えます。
例えば
使用するシャンプーや
トリートメントも
中身のクオリティはもちろん
ハイクォリティな
デザインやパッケージも
重要なんです。

SAIKA  斎藤嘉弘





1256-3248-U5qMvEoHge_big.jpg

Kominek elektryczny w nowoczesnej aranżacji


2018年5月23日(水) 

IMG_2825.jpg
画像•SAIKA

白、そして赤
この色の配色が
もっとも
僕の心を動かしてくれました
それは
少年時代に見た
ゴダールの映画作品に
よるところがとても
大きいと思うのです

SAIKA  斎藤嘉弘

462eaed3426f512f5bbb4054d1f206ca.jpg


2018年5月21日(月) 

IMG_2851.jpg

画像•SAIKA

100年飽きのこない
インテリアデザインとは
どんなデザインをいうのであろうか?
そんなことを
子供のころから
ずっと考えて来たし
カフェにしろホテルにしろ
病院の待ち合いにしろ
どんなところでも
使用している椅子やテーブル
カベ、床などを
気にして見て来ました

SAIKAディレクタ- 斎藤嘉弘




33abbb90241516d2f50914fcd31b6ec0.jpg

Sarah Taylor: Landor Office Design Project: Process Work

2018年5月20日(日) 

images-9.jpegimages-8.jpegimages-5.jpeg

Jules Lavirotte

エコール・デ・ボザールで、ポール・ブロンデル・アトリエ出身、1889年に建てられたセティヨ街の邸宅(現在のリセ・レオナルド・ダビンチ校)で新様式を試みる。基本どおりの様式構成からうねる張り出し窓や卵形の軒窓、門柱の柱頭など装飾化の方向へと向かう。

翌年設計したラップ街のアパートではより幻想的な世界を作り出し、サルバドール・ダリに「欲望の実現」と評された。


IMG_2907.jpg画像•SAIKA   渋谷松濤秀和レジデンス

12

« 2018年3月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

このページのトップへ