カテゴリ

  • infomation

タグクラウド

HOME > Blog > アーカイブ > 2019年5月アーカイブ

Blog 2019年5月アーカイブ

60年代ファッション&ヘアの解説

ebf35a09.png


セットデザインは
現代ではフォルム重視です
僕はそう考えております
カーラーで巻いて
セットするというのは
大人の女性の特権では
ないでしょうか?
若い女性では
その雰囲気は
だせませんよね
大人の女性だからこそ
演出できる
ヘアスタイルがあるということです
僕は
おばさんふうなものなど
つくるはずないじゃですか!
素敵にセットします
当然のことですよね

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


60年代ファッション&ヘアの解説

DYHefZXXUAA0j3I.jpg

ボブヘアは長さのバランスがその時々の
気分を表現していくものです
直線的であったり
丸く内側に毛先がはいっていたり
基準を顎のラインとしたならば
顎よりも下の長さ
顎よりも上の長さ
あるいは
耳したの長さなど
その人の気分が
もっとも重要なことなんです
流行ラインよりも
大人の女性は
そのチョイスが
センスとなります

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

DvfQDUGVYAEV4yu.jpg

大胆な前髪バングは
年齢を重ねると
恥ずかしくてできないと
感じている大人の女性も
おおいものです
大人のじょせいこそ
挑戦してみることを
僕はおすすめ
しています
年齢は関係なく
キュートな雰囲気って
いつまでも
大切にしてほしいと
おもうからです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


60年代ファッション&ヘアの解説

8121759928_9e03380ecd.jpg


45歳からのベリーショートスタイルは
似合う人とまったく似合わないのに
無理して楽ちんだからショートに
されているというふたとおりに
別れるように感じます
似合うショートって必ずあるんですね
しかし、大人の女性は
いつも担当してもらってる美容師や
美容室から抜け出せない女性が
ほとんどなので
結局のところは
似合うショートスタイルは
できていない事が多いのです
僕なら必ず似合うショートに
ヘアカットできるのになって
電車乗っていたり
歩いていたりして思ってます

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

54511969_113367452979498_7111459339884155895_n.jpg

ショートスタイルにおいて
リーゼントデザインは
今の時代は
サイドの雰囲気をいかに
つくるかはキーワードです
ネープの長さも含めて
フォルムのつくりかたが
かっこよく見えるはずです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

54446494_149125022793244_2140983942884832129_n.jpg

粋な雰囲気をつくれる大人の女性は
素敵ですね
ヘアのセット感覚スタイルは70年代
までは日本でも多くの女性がされている
傾向がありましたが
現代社会では全くと言うほど
セット感覚スタイルは失ってしまいました
しかし、セット感覚スタイルでも
本当に素敵に見えるものなら
現代でも僕は可能ではないかと
考えています

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


60年代ファッション&ヘアの解説

348565a501337bd348bbb9a2a6b19091--mia-farrow-pixie-golden-globe-award.jpg

ショートデザインはカットのテクニックも
当然大切なことなのですが
もっと重要なことは、その方のお顔だちに
似合うショートスタイルかどうかのほうが
重要なんです。よく、カットの上手な美容師
さんに髪をカットしてもらうと言いますが
カットがうまいからと言って似合う
ショートにカットできているのかは
疑わしいものです。
僕なら必ず素敵にヘアカットできる自信もあります

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

198671__91593.1342531575.380.500.jpg

大人の日本人女性はセレブ感にあこがれを持つ方も
いらっしゃいます。セレブ感?ってなに?と考えてしまいます
素敵であれば誰でもセレブ感ではないでしょうか?
お召しになるお洋服のセンス、あとはヘアの雰囲気ですね
ヘアのディレクションを間違えると素敵にはならないんです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

3264cb96bdd13cfff01613f8f2535265--classic-hairstyles-spring-hairstyles.jpg

ロングヘアで、シャンプーしてから
ドライの後に必ず髪をカーラーで
巻く大人の女性もいらっしゃいます
そのとき巻きやすい雰囲気のカット
デザインにしなければなりません。
いまふうに、セクシーに柔らかい
大人の巻き髪ってあるんですよ
そういうことを伝授してさしあげたいんです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

60年代ファッション&ヘアの解説

153d758922e12cc6554c8303d191f9ef.jpg

アップスタイルは特別なときのためのアイテム
ではけしてなくて、ラフにいつでもロングヘアを
さりげなく結い上げるのも大人の女性にとって
重要なことです。アップはおばさん臭くなる?
そうでしょうか、お顔だちに似合うスタイルって
必ずあります

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


12

« 2019年4月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ