HOME > Blog > アーカイブ > 2022年3月アーカイブ

Blog 2022年3月アーカイブ

Brigitte Bardot (1963) (ふたりの夏にさようなら [ブリジット・バルドー恋の世界を歌う])

0000000211362_xgCZJjb.jpg


フランスの名女優/歌手Brigitte Bardotの1963年の傑作。セルジュ・ゲンスブール作の名曲「A1. L'appareil A Sous」を筆頭に、全編彼女の歌声の魅力を堪能できます。

B.B.(ベベ)の愛称で親しまれる、フランスを代表する大女優/歌手Brigitte Bardotが1963年に残した傑作。当時関係のあったセルジュ・ゲンスブール作の名曲「A1. L'appareil a Sous」を筆頭に、ラテン調の「A3. El Suchipe」など、そのコケティッシュな歌声の魅力も素晴らしいです。バックを務めるジャズピアニスト、Claude Bollingのカラーもよく出たハッピーなオールドタイムジャズ「B3. Everybody Loves My Baby」なども楽しいです。

1978年の国内盤です。白レーベルのプロモ盤です。ジャケットはマットな用紙仕様、オリジナル・デザインです。インサートが付属しています。


JOURS EN FRANCE

u288989734.2.jpgu288989734.3.jpg
u288989734.1.jpg



白い恋人たち 仏SARAVAH初回 フランシス・レイ 1969年 FRANCIS LAI 13Jours En France(フランスの13日間) クロード・ルルーシュ OST 



「白い恋人たち13 Jours en France」は、1968年のグルノーブル冬季オリンピックの公式記録映画の主題曲です。作詞:ピエール・バルーPierre Barouh、作曲:フランシス・レイFrancis Lai。13 Jours en Franceという原題は映画のタイトルで、「フランスでの13日間」という意味。監督はクロード・ルルーシュClaude Lelouch とフランソワ・ライシェンバッハFrançois Reichenbach。1968年、五月革命でカンヌフェスティバルは中止となり、上映されるはずであったこの映画は40年後の2008年のカンヌフェスティバルにおいて、クラシック部門でオープニングムービーとして上映されました。

映画ではピエール・バルーPierre Barouhとニコール・クロワジールNicole Croisilleが歌っています。



Un Homme Et Une Femme

617OhTTZbYL._AC_.jpg

男と女 フランシス・レイ オリジナル・サウンドトラック クロード・ルルーシュ


SAIKA COIFFUR

IMG_0531.jpg

理想の自分をイメージするとモチベーションもあがります。そういう事って若い時にはなかなかできないものです


SAIKA COIFFUR

IMG_0555.jpg


50代からが女性はもっとも輝いてくるように思います。色々なことから解放されるのも50代からがほとんどでもあり・・・

HAIRが変われば人生も変わると言うものなんですね

SAIKA COIFFUR

IMG_0637.jpg

おそらくですよ、僕は長いこと美容師の仕事だけを続けて来ましたが、どんな女性でも年齢に関係なく美女になれると言う事を信じております。実際に本当にそう感じて来ています。特に女性は年齢を重ねるごとに美しくなっていくものなんです


SAIKA COIFFUR

IMG_0646.jpg

執着って一番良くないですね。人間関係でもそうなんですけどね、この執着がよくない。モノでもなんでもそうなんです。捨てる勇気って言うのでしょうか?失うことって後で考えるとまた次のこともはいってくるものです。人間関係も恋愛もモノも・・・全て、執着はよくないですね

SAIKA COIFFUR

IMG_0649.jpg

自分がイマ、一番やりたい事って何かをメモしておいてそれを順番をつけてひとつづづ実践してみるんですね。イマできることはとりあえずやってみる事、時間が必要なものでもあと伸ばしにはしないように心がけてやってみることが大切なんですね

SAIKA COIFFUR

IMG_8490.jpg


ひとつの事をごくシンプルに考えることができれば日々の生活がそこから変わっていくんです

SAIKA COIFFUR   ごく普通の1日

R0017502.jpg


1

« 2021年12月 | メインページ | アーカイブ | 2022年4月 »

このページのトップへ