HOME > Blog

Blog

2018年10月12日(金)

61uY-j7XbsL._SL1088_.jpg



2018年10月11日 (木)

8e3519c9.jpg


2018年10月10日(水) 

0425kimurayoshiko.jpg

70年代においても
ほとんど知られていなかったアーティストの
ジャケットを見ていても色の背景が素敵だと思える


2018年10月8日(月)

NanjoMaki-dsc-ep-umaretekiteyokatta.jpg

いつの時代も
メイクにより
女性の顔は
セクシーにも
変る

2018年10月7日(日)

42169583_912035188986348_1130801942252127441_n.jpg

カルメンマキOZ    クラブチッタ川崎LIVE行って来ました

カルメンマキ&OZ (クラブチッタ)

オリジナルアルバムは3枚。
1970年代の中学時代〜高校時代に
リアルタイムで聴いて、こんな凄いバンド
後にも先にも出て来ないと正直、当時思った。

作詞、作曲、演奏すべてがありえない程
素晴らしい作品の数々、1曲、1曲
どの曲も全部に自分は思入れがあった。
43283368_696647000701463_7742042358660191334_n.jpg


思えばカルメンマキとの出会いは僕が
子供時代だった頃。寺山修司とのアングラの頃
のマキだった。時には母のない子のようにや
山羊にひかれてを歌っているカルメンマキの
ロックを最初に聴いたのがブルースクリエーション
そしてカルメンマキ&OZ。最初、同一人物とは
思えなかった。とにかくかっこいいと正直思った。

42340159_690374714680679_4094238591653384168_n.jpg

カルメンマキ&OZの3枚のアルバムは
世界中のロックアーティストのアルバムと比較
してもありえない程にどのアルバムも
美しすぎる楽曲ばかりだ。今でも
この3枚のアルバムを超える
日本のアーティストのアルバムは
正直ないと思っている

40年の時を超えて
生でLIVEを観れるなんて
正直もうないと思っていた

LIVEは想像を遥かに超えた
素晴らしいものだった。

正直、衰えないカルメンマキの声
そしてOZの演奏!

はっきり言って、60歳を超えた
アーティストって再結成しても
見た目でダメダメになることが
幾どだが、全員がかっこいい!
これってありえないことだ。

ステージング全てが
想像を超えたLIVEだった。

42135256_977749619075739_4612783786441885459_n.jpg

たぶんなんだけど
カルメンマキ&OZは
この先も超えられる
アーティストは不可能だと
思えた。

作詞が違う、作曲が違う
そしてなにより歌と演奏が
違う・・・

42607739_274733433159772_5420149173313361180_n.jpg


2018年10月6日(土)

61TmcfhwKYL._SX355_.jpg

レコードジャケットの雰囲気が
60年代を印象しているかのような
デザインワークで素敵ですね。

2018年10月5日(金)

0b60866ceb2998fb204cf2aec9b5da15.jpg


中古レコード店にでかけて
60年代や70年代の
レコードジャケットを見ている
と現代のヘアやファッションが
なんでそうなっているのかが
見えて来ます

2018年10月4日 (木)

4d3a6b10ef0cb23d502ff84204472cef.png

ヘアスタイルの雰囲気を10代の頃より
ずっと観察してきているのですが
60年代や70年代のヘアスタイルって
いつの時代にも流行とは関係なく
素敵だなって思うものが多いですね






2018年10月3日(水)

chiaki.jpg

ヘアカラーは
日本人はあまり明るいのは
似合わない?
それは、昔はそんなふうに
言われていた時代もあったかも
しれないけど、現代はどんなに
年齢を重ねたにせよ明るいヘア
カラーは今の時代に似合う空気感になった
もっと40歳過ぎても50代であっても
ブリーチオンカラーを大人の女性は
愉しむべきだと思う。


2018年10月1日(月)

8e3519c9.jpg

10月にはいって
これからの
ヘアカラーや
ヘアスタイルの
バランスを
次々と考えていこうと
思っています
毛先のカットされた
切り口は
今の時代に
フィットしているのか?
バランスは素敵に
見えるか
そんなことを
考えていきたいと
思うのです



<<前のページへ23456789101112

アーカイブ

このページのトップへ