HOME > Blog

Blog

2018年9月30日(日)

o0350035012515507129.png

女性がセットするというのは日常的なことだったのは
60年代〜80年代の前半までのことです
現代ではセットするとなんると結婚式のご出席だったり
パーティーであったり日常のことではけしてなくなりました
現代では何故セットが必要なくなったかと言いますと
美容師さんが素敵にセットしてくれない時代だから
だと思うのです

2018年9月29日(土)

NagisaMayumi-dsc-ep-watashihanninmae.jpg

1960年代、70年代だった自分が子供だった頃
大人の女性の色香や雰囲気というものに憧れたものです
現代では色香など水商売の女性の特権みたいになって
しまった時代でもあり、まさか一般の女性が色香など
だしてしまったら勘違いされる世の中なのかもしれません
しかし、ごくごくたまにはいいのかもしれないと
男性として自分は思う事があります

2018年9月28日(金)

NagisaMayumi-dsc-ep-ubawaretaino.jpg

現代において、セクシーさや妖麗さは
60年代、70年代と比較すると
ほとんど日常生活の中では一般的には
なくなってしまったことです。
しかし、現代の30代、40代でも
そういうことに敏感になることが
女性としてまた違う発見も
あるのかと考えます


2018年9月27日 (木)

MSCL-11595-350x350.jpg

ヘアスタイルとメイクアップそして
コスチュームにおける関係性は
いつの時代であっても流行よりも
他者にどう見られるのかを考える
べきではないかと考えます。
女性はセクシーの意味を男性よりも
当然理解されています


2018年9月26日 (水)

raw.jpg

ヘアのアレンジはバレッタなども含めて
自分自身が使いたいものを選定することが
大切で髪が邪魔だから止めるという発想よりも
いかに素敵に可愛くなるのかを考える事が
とても大切なんだと思うのです。

2018年9月24日(月)

sim-1.jpeg

1970年代でも現代でも
ボブスタイルはいつの時代も
素敵に見える。ヘアの軽い、重い
というのも時代性ではなくて
髪質であったり求める
ラインによっていつの時代
でも変化していくものだ

2018年9月23日(日) 

swos70a.jpg

センターパートは70年代の
定番の分け目でした。サイド
パートよりセンター分けの
ほうがキュートに見えていたのだ
と思います。現代はセンターパート
はあまりみかけないのですが
ある意味挑戦してみることは
ありなのかもしれません

2018年9月22日(土)

sim-3.jpeg

1970年代初期から現在まで
ロングスタイルの見せ方は
年代によってそれほど変る事は
ありません。ヘアスタイルは
雰囲気がとても大切ですので
メイクやコスチュームの雰囲気
にあわせれば、いつの時代でも
素敵に見える要素が生まれます


2018年9月21日(金) 

d0218585_138587.jpg

パーマスタイルは
女性にとって
失敗したくない
もっとも重要なことでもあり
似合う、似合わないを
考える時には
結構、悩む事が多いと
思うんですね
美容師側の僕はといえば
常にウェーブの大きさや
パーマのデザインは
お顔だちにあわせて
どんなものが似合うのかと
いうことをいつも
考えている事が多いです

2018年9月20日 (木)

d0218585_138082.jpg

ロングヘアで
重たい雰囲気とか
軽い雰囲気とか
長さのイメージなど
いろいろな角度から
探って現代において
素敵な雰囲気とは
なにかをみつけだして
行きたいと思います

<<前のページへ345678910111213

アーカイブ

このページのトップへ