HOME > SAIKA Fashion&Hair Blog > アーカイブ > 2015年10月アーカイブ

SAIKA Fashion&Hair Blog 2015年10月アーカイブ

William Klein

William Klein
やばいくらいカッコイイ、ウイリアムクラインの写真!画像の中に見いだすクラインの構図や絵的な景、クラインの脳みそは、もはや写真ではなく芸術をカメラで描いていたんだ





ウィリアム·クラインの伝記

--- 
ニューヨーク 
ウィリアム·クラインは、1928年にニューヨークで生まれました 
貧しいユダヤ人移民の家族。 父親の 
衣料事業は、1928年事故で折った 
しかし彼の親戚 - 主に弁護士 - 
裕福だった。 
クラインも経験した30年代に育っ 
学校の生徒の両方から、最初の手の反ユダヤ主義 
そして路上で、彼はアイルランドの中でユダヤ人の少年だった 
近所。 彼はいつも大衆文化から疎外されていると感じた。 
彼の友人は明るい、皮肉として彼を覚えている 
芸術と人文科学が好きだった子供。 
彼は、近代美術館MOMAのことを敬愛して 
その上に12歳から彼に第二の家のようだった。 
そして14歳の時、3年先、彼の 
クラスメート、彼はニューヨーク市立大学に在籍 
社会学を勉強する。 18歳の時、彼は2年を費やし 
ドイツとフランスに駐留する米軍内 
無線オペレータとして、彼のコースを完了する前に。 
---

パリ 
1948年に彼はパリで 'ソルボンヌ'に在籍。 
1949年、クラインはロートで簡単に学び、 
フェルナンレジェ。 
レジェは反乱に彼の学生を奨励し、拒否する 
適合とブルジョア価値観、それらをことを伝える 
アトリエやギャラリーは廃止され、彼らこと 
外に出て、路上で動作するはずです。 
ジャンヌ·フロリンと結婚した後、彼はに残ることにしました 
フランスのパリで、まだ在住。 
50代前半クラインスタイル時にスペアであった、 
抽象と建築。 
この時期から絵は深く影響を受けていた 
グラフィック、バウハウス、モンドリアンと導いマックス·ビル、バイ 
絵画壁画をしようとするクライン。 
---

ミラノ 
1952年にクラインは "ピッコロでミラノの2つのショーを持っていた 
劇場 'との'ガレリアILミリオーネ "とし始めた 
、建築家アンジェロ·マンジャロッティとのコラボレーション 
誰が可動パネルに壁画を依頼 
それは、部屋の仕切りとして使用することができます。 同じ年に、 
彼はイタリア建築をcollaboratewithし始め 
雑誌 "ドムス"。 
---

写真撮影 
写真撮影を使用して、アーティストとして、彼は再発明するために着手した 
写真原稿。 
彼の写真は、しばしばピントがぼやけたり外に、彼の高コントラスト 
印刷されます(彼のネガは、しばしば深刻な過剰露出していた)、 
ショックを受けて、高穀物フィルムと広角の彼の使用 
確立された写真の世界の秩序と彼 
アンチカメラマンの写真家としての名声を獲得した。 

モホリ=ナギとケペスに触発され、彼が始めた 
抽象絵画や写真を並置を使って実験。 
アレクサンダー·リーバーマン、 '流行'アメリカの画家と監督 
クラインのパリジャン彫刻ショーの一つで出会ったクラインと 
両方の彼の彫刻(キネティック光パネル上で、魅了されました 
感光性ガラス)とクラインは最近まで持っていた写真で 
取り始め。 彼はクラインがニューヨークに来るように誘わ 
仕事を話し合う。 
---

ニューヨークに戻り 
1954年までに彼は訪問のためにニューヨークに戻りたい気になったと 
クラインが到着したとき、リーベルマンは何だろう、彼は彼に尋ねた 
本当にやりたい。 彼の答えは、ニューヨークの写真を撮りました 
新しい方法で、写真日記のようなものインチ 
6年間ヨーロッパに住んでいたアメリカ人として、 
彼がハイブリッドになっていた - そして彼にニューヨークは妙だった 
外国人。 
リーベルマンが合意、流行はこれを可能な資金を調達するでしょう 
機能、およびクライン - ファッション写真を撮影したことがなかった 
前 - 契約として与えられた、彼の驚きに、またあった 
雑誌のファッション写真家。 
クラインは言った: "私は民族誌学者を信じさせた。 
エクスプローラのようにニューヨーカーを治療するズールー族を扱うでしょう - 
零度は、rawestスナップショットを検索 
写真の。 ' 
この本 'NEW YORK'( ' - 人生は、あなたのために良いと良いです 
ニューヨーク...)はスキャンダルだった.. 
原油、 - '流行'は、市内の彼の見解にショックを受けた 
積極的かつ下品な - と他の人が、それを見た 
写真のように無能な、彼は見つけることができませんでした 
アメリカの出版社。 
--- 
写真集 
彼はパリに戻って仕事を取っていますが 
写真の設立は、同様の見解を示した 
彼は、フランスの出版社、エディションseuilを見つけることをどうにかして 
誰がそれを信じて、1956年にそれを持ってきた 
(1995年に再発行された)。 それはまた、イタリアで出版された 
同じ年。 
クラインの本はナダール賞を受賞しました。 

1960年から1964年まで、彼は他の3冊の本を生産 
写真撮影: 
'ローマ'(1960)、 "モスクワ"(1964)、 "東京"(1964年); 
すべては、生、粗く、旋回まだ殺風景なイメージに満ちている。 
---

ファッション写真 
1955年から1965年までクラインは流行のために働いた。 彼が好ま 
通りでまたは場所で彼のモデルを撮影する。 
彼は、特に衣服やファッションに興味がなかったし、 
reasearch絵はプロセスを作るためにこの機会を利用し 
ファッションに新しい技術を導入することにより、 
広角の使用や長期焦点を含む写真撮影、 
レンズ、フラッシュ、複数を組み合わせる長時間露光 
ファッション技術革新の分野におけるエクスポージャー意思 
写真撮影。 
---

フィルム 
1965年から80年代前半に、彼は写真撮影を断念し、 
主に様々なドキュメンタリーを作って、映画に集中して: 
(1958年)、 "光によるブロードウェイは 'あなたはポリーmaggoo誰ですか?" (1966)、 
'ミスター。 自由 "、"モハメド·アリの最大の '、'少し 
リチャード·ストーリー "(1979)、 '救世主'(1999)。 
--- 
撮影に戻ります 
クラインによる1980年代の静止画撮影に戻った 
彼の初期のwork.his写真の新たな関心 
この期間のクローズアップの彼の使用によって特徴づけられる 
と広角レンズ。 

90年代の間に彼はミクストメディア作品を作り続け 
絵画や写真を使用しています。 彼はハッセルブラッドを受け 
彼の映画の賞や各種回顧展だった 
ニューヨークと日本で開催されました。 彼が受賞しました 
agfa-bayer/hugoエアフルト賞やファッションのイン&アウト作成、 
図面、写真などを含む混合メディアプロジェクト 
ロンドンでのショーと同時に公開された映画、 
パリとニューヨーク。 1997年に彼は新しいrephotographed 
ニューヨークとバルチェロナとパリでのショーがありました。 1999年 
彼は王室によって "世紀の勲章"を授与されました 
ロンドンの写真協会 "。 
現在彼が住んでおり、パリで働いています。 
--- 
近年の個展 
ガレ​​リアカルラソッツァーニ、ミラノ、イタリア2000 
スコティッシュ·ナショナルギャラリー、エジンバラ、スコットランド、1999 
FNAC、パリ、フランス1999年 
壮大な馬術学校、モスクワ、1998 
ジェーンジャクソンギャラリー、米国アトランタ、1998 
プーシキン美術館、モスクワ、1997 
サンジェルヴェセンター、ジュネーブ、スイス、1997 
カイシャ建国、マドリード、スペイン、1997 
deichtorハレン、ハンブルク、ドイツ、1997年 
pouchkine博物館、モスクワ、ロシア1997 
のhamiltonsギャラリーやイギリスの映画協会(英国、ロンドン)1997 
fondazioneナツィオナーレ·デッラfotografia、ト


ロックとファッションとアートな日々

e5c4d9465e21fa3dedf6d7010d4843f7.jpg


Vintage-portrait-280.jpgVintage-portrait-248.jpgVintage-portrait-226.jpgVintage-portrait-100.jpgVintage-portrait-121.jpgVintage-portrait-161.jpgVintage-portrait-174.jpgVintage-portrait-210.jpgVintage-portrait-085.jpgVintage-portrait-083.jpgVintage-portrait-060.jpgVintage-portrait-042.jpgVintage-portrait-021.jpg


SAIKA と言う名のカルチャー

MI0001422549.jpg

NY  DOLLS

1973年、13歳だった僕はニューヨークドールズのデビューアルバムを買った。雑誌で観るNYドールズはアメリカのローリングストーンズだとイメージしていた。聴いてみると、なんだ、この下手くそな演奏は!こりゃ最高!!だって思ったんだ・・・・

   SAIKAディレクター  齋藤嘉弘


  • 1971年、デヴィッド・ヨハンセンとジョニー・サンダースが主になって結成。
  • 1972年にギターのリックが脱退。シルヴェイン・シルヴェインが加入。
    • フェイセズのUKツアーのオープニング・アクトに起用され、その激しいライヴや中性的なファッションが注目を集め、アンディ・ウォーホルルー・リードデヴィッド・ボウイらから絶賛される。
    • ツアー中にドラムのビリーが死亡(ドラッグを服用後、ホテルの浴槽で溺死している所を発見される)。バンドは新たにジェリー・ノーランを加えて黄金期メンバーとなる。
  • 1973年、デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。(プロデューサーはトッド・ラングレン
  • 1974年、2作目の『悪徳のジャングル』発表。後期ニューヨーク・ドールズのマネージャーは、後にセックス・ピストルズをデビューさせたマルコム・マクラーレンであった。
  • 1975年、初来日後にジョニーとジェリーがニューヨーク・ドールズを脱退。バンドは「ドールズ」名義で活動を続ける。
  • 1977年、正式解散。
  • 1991年4月23日、ジョニーが死去。
  • 1992年1月14日、ジェリーが死去。
  • 2004年6月18日、再結成。
  • 2004年7月13日、アーサー・"キラー"・ケイン、白血病の合併症のため死去。

  • zap_dolls2.jpg
    Unknown.jpegs-l225.jpgRS140801-01.jpgnyd.jpgNEW-YORK-DOLLS-THE-REAL-DON-STEELE-SHOW'-1973-4-1024x674.jpgNEW-YORK-DOLLS-THE-REAL-DON-STEELE-SHOW'-1973-2-1024x674.jpgNew_York_Dolls_-_TopPop_1973_07.pngNew York Dolls, 1970s (2).jpgimages-9.jpegimages-10.jpegimages-8.jpegimages-7.jpegimages-6.jpegimages-5.jpegimages-4.jpegimages-3.jpegimages-2.jpeg









ロックとファッションとアートな日々

073_ziegfeld_follies_girl_theredlist.jpg



0b7642800e34d2f4c0c6d2cd8ac4f4d0.jpg2e62eed913c6ea39797257ba68372bfe.jpg3c0eec328ce6fa63c4af853fc8164123.jpg4b07112931e805525fcd054719043567.jpg9a39530ac3e259c577257ec77a4b84e8.jpg22dc0ebc956e1aaf0afc372b953f9f7d.jpg24adec46d0b81d82822a8a761a9d902a.jpg62e3f6715ddc312ca9c6e65c65c2c8c1.jpg904d539d6aaa1dd16ff9e47661db63b7.jpg508e3b88190761a256a026c9d52adec2.jpg490f39829f136e6b5bb91cdbcae15863.jpg240ea4acc076ba9adabf389c2acd2cfe.jpg84eeaf9cd1319448b1e3c5f2f3ec6bb2.jpg8596b32c0152e36cb8888609280aac1c.jpg11481be5bf1898e263f4b4b9c38df572.jpg747658df3854f03a68eecd0acc2d3373.jpg8487424d742ab16701216e87aff62d73.jpg58979672e3063323a6e85a19e44a3af2.jpgb37371ff04f047a5635bf34003f62bcc.jpgc2d09cce91fb9afe57cba2b776be3529.jpgDrucilla_Strain_Ziegfeld_girl_by_Alfred_Cheney_Johnston_ca._1929.jpgd661b218442d7ee5e0dcee368b53a822.jpgd5c88c9166bb2a3f90730d75af7464c9.jpge5c4d9465e21fa3dedf6d7010d4843f7.jpge7c3098dcf4877038ca2aaca1d43d784.jpge1553f6e5a8836208f4bcf812ea69519.jpgef3b9b7de96f1644dc98fe07a5f42723.jpgf0de2c16d043c743be147afc859894e5.jpg

MARY NOLAN

Mary Nolan


When I first heard about Mary, I heard about her under one of her other stage names, Imogene Wilson. Well..."Bubbles" Wilson actually, when she performed in the Ziegfeld Follies. She just seemed to be filled with a lot of sadness and struggles, you could see it in her eyes. Her name was plagued with scandal during most of her career, no matter which name she used. 

I have visited her grave a few times, and even her grave is filled with sadness. She is entombed at the top of a doorway and it seems people have forgotten about her. But, we won't let that happen completely, will we? Noooooope!


Mary Nolan was born Mary Imogene Robertson on December 18, 1905 in Hickory Grove, Kentucky. Her mother died when she was still a child, and her father had to care for her and her brothers and sisters alone.

In order to help support herself and her family, she worked various jobs before moving to New York City in 1919. There she got a job as a model, and no wonder, because she was gorgeous! It was while working as a model that her life changed thanks to the man himself, Florenz Ziegfeld.

Ziegfeld spotted Mary one day and asked her to be in his Follies production. She of course agreed, but she also had to agree to a name change. This is when she began performing under the name of Imogene 'Bubbles' Wilson, and she became quite the star!


The positive side of fame didn't last too long because of a scandalous affair she was involved in. To help escape all of the negative publicity that began to come down on her head, she fled to Germany. While there, she appeared in a couple of films.


In 1927, Mary moved back to the States and appeared in films under the name Mary Nolan and was somewhat of a hit, but again, it didn't last long.

In 1933, she appeared in her last film and was involved in another messy scandal. This time it was with Eddie Mannix, a famous Hollywood producer. She sued him for $500,000 in pain and suffering and damages because she claimed her used to beat her. 

Soon after, she moved back to New York and entered a home for struggling actors. She spent a few years there resting and recovering from everything that had been going on in her life. She moved back to Hollywood in 1939, but didn't do anything with show business. She simply chose to live quietly with her sister Mabel.


Mary Nolan passed away on October 31, 1948 from cardiac arrest and malnutrition. Shortly before her death, she began to use to drugs which attributed to her death at age 42. Apparently she only weighed around 90 lbs when she died. 

She was interred at the Hollywood Forever cemetery.

Mary made quite a name for herself (and not in a positive way) because of her many affairs she had. Her first notable affair was with Frank Tinney, a comedian she met when she was in the Ziegfeld Follies. He was an abusive man she claimed, and even beat her to the point of hospitalization, but she came back to him time and time again. The reason why this affair was so scandalous was because Tinney was married to another actress named Edna Davenport. This was the scandal that caused Mary to be fired from the Follies. 


Apparently she was married once, but I can't find any information other than that his name was Wallace McCreary, a fellow actor. They were still married when she passed away. 

Mary once owed a piano that belonged to Rudolph Valentino. The piano was so large that it took up most of her living room. She greatly admired Valentino, and owned a view other possessions from his home. She also kept a picture of him on the piano.

Right before she died, she was in talks with various publishers and writers about selling her life story to be made into a movie or a book. I hope one day this will come to be, because what a life! I will play Mary of course :)


"I've had a beautiful life, I've tumbled into the most beautiful life in the world. I'd never change it." ~ Mary Nolan



ロックとファッションとアートな日々

12190058_1043884078975953_6636872795627328651_n.jpg


vaudeville-theatre-c1905-granger.jpgtumblr_nwwciwGfVV1ravbodo1_1280.jpgtumblr_nwtuldfbwm1rxaxgfo1_500.jpgtumblr_nwoz8xivQa1thlg25o1_1280.jpgtumblr_nwn0tr9ixJ1qkk2aeo1_500.jpgtumblr_nwm7vqQgCS1qad56lo1_1280.jpgtumblr_nwj6oqzQfL1thlg25o1_1280.jpgtumblr_nwgg1b1dMG1qd0tpko2_540.jpgtumblr_nwe05lwPdU1ur3ueuo1_1280.jpgtumblr_nwbya3pGzq1qio9u8o1_500.jpgtumblr_nwakh8idi11rc8f43o1_1280.jpgtumblr_nw92qnRzDn1u6a7kto1_1280.jpgtumblr_nw8t2rzsK91r7xatro1_1280.png.jpegtumblr_nw4kvakAfK1thlg25o1_1280.jpgtumblr_nw2ima9hru1s1v7cio1_1280.jpgtumblr_nvx4hzOWQb1thlg25o1_1280.jpgtumblr_nvnaqrDZHq1r8wg3no1_1280.jpgtumblr_nvj841ND5v1rxaxgfo1_1280.jpgtumblr_nveplsRl2E1qf2akvo1_1280.jpgtumblr_nvcc60r72V1sh3d3po1_500.jpgtumblr_nunzozSm4y1rgxotgo1_1280.jpg


ルー・リード 追悼の言葉

ルー・リード 追悼の言葉

テキスト AYUO

lou_reed_A
©Yuichi Hibi

ルー・リードは、20世紀後半を代表する芸術家の一人だった。彼が音楽界に与えた影響はビートルズや、現代音楽の世界でのピエール・ブーレーズくらい大きかったかもしれない。

彼の魅力は、僕にとってはまず、言葉を語り歌う詩人・ヴォーカリストとしてだった。ルー・リードは、歌の発声練習をしてきた人ではなかった。デヴィッド・ボウイの方が、歌手のとしての歌ははるかに上手いと、皆は感じるだろう。しかし、詩の内容を感じさせる歌の語り方がある。僕はそれをまず、ルー・リードから学んだと思う。こうした歌い方をしながら、歌手としての発声練習を続ければ、これほど強いものは中々ないだろう。デヴィッド・ボウイやU2のボノは、ルー・リードの歌からの影響をポップスの伝統的な歌い方の中に包んだ。

ルー・リード以前に、『ヘロイン』、『毛皮のヴィーナス』等の歌詞をポップ・ソングとして書く人はいなかった。ルー・リードの曲は、聴く人々に大きな刺激を与えた。現実を見つめて、考えさせた。

彼の最愛の妻でミュージシャンのローリー・アンダーソンはルー・リードについて、ルーの歌はダイレクトで刺激的だが、とても美しく真実を表現していると語っている。

彼が一般的に知られるようになったのは70年代の前半だった。デヴィッド・ボウイが最も影響受けたミュージシャンの一人として紹介し、アルバムをプロデュースした。グラム・ロックが流行っている時代だった。ルーが60年代に、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドと共にウォーホルの周辺で作っていた言葉と音楽は、本当のアートだったが、70年代のファッションの流行りに乗る事によって、彼は世界的に知られるようになった。言葉だけではなく、イメージやスタイルから入る人もいると、彼は気が付いていた。

彼は普通の人と少し違う感じがする。話し方も、感情の出し方も少し違う。実は彼が10代後半の頃に、彼の両親は彼を精神病院で電気ショック療法のプログラムに入れてしまった。彼の両親が彼がゲイになるのではないかと心配していた。その頃、ホモセクシュアルは病気と見る人がまだ多かったのだ。彼はその時に受けた精神的なダメージを一生抱えていた。『Sally Can't Dance』というアルバムに収録されている《Kill Your Sons》とはこの事を歌った曲だった。そして、彼の表現の仕方にも影響を与えてしまった。

文学と共に、ルーはロックンロールが好きだった。その頃は、シリアス(真面目)な芸術とポップスを区別する人が今よりも多かった。ロックは売れるもの、流行物としてしか見られていなく、言葉はロマンチックな内容のものばかりだった。コール・ポーターのように、もっとソフィスティケートな言葉使いをするソングライターはブロードウエイや映画の世界にいたが、ロックにはまだいなかった。レナード・コーエン、ボブ・ディラン、そして後にジュディ・コリンズやジョニ・ミッチェルは大学のフォーク・ムーブメントから現れた人達だった。イギリス、アイルランドやスコットランドの伝統的な民謡の言葉の影響をうけながら、新しい文学的な表現をポピュラー・ソングの世界で繰り広げていった。しかし、ルー・リードは、彼らとは違って、ウィリアム バロウズ(『裸のランチ』の作家)、 ヒューバート・セルビー Jr(『ブルックリン最終出口 』の作家)、T.S. エリオットそして、デルモア・シュワルツの影響をロックのビートの曲で作りたかったのだ。ロックのビートで歌われる詩はサウンドでもある。

60年代前半にPickwickという当時のヒット・ソングの模造品をスーパー等で売るレコード会社があった。大学卒業後、ルーはまず、そこでソングライターとして仕事を始めた。彼は短時間でポップ・ソングを作る技術をここで学んだ。これは後でやくにたった。ルー・リードの文学的なテキストの後ろからはアメリカン・ポップスが聴こえてくる。ルー・リードの『ベルリン』を自分で演奏して見ると良く分かった。

この頃、ルー・リードはジョン・ケールと出会った。ジョン・ケールは現代音楽家クセナキスから作曲を学び、ラ・モンテ・ヤングが始めた最初のミニマル・ミュージックのグループのメンバーだった。ジョンはルーが書いていた『ヘロイン』等の曲に刺激を受け、二人は一緒にグループを作る。彼らの友人で、前衛的な音楽家トニー・コンラッドは彼らにヴェルヴェット・アンダーグラウンドと命名する。初期の頃には現代音楽からフリー・ジャズ的な色々な音楽の実験をやっていた。その頃の音源は、後にジョン・ケールの実験音楽CDとして発売された。

ジョン・ケールは英国ウエールズから来た人だった。ニューヨークには当時数人のカリスマ的なリーダーがいて、ラ・モンテ・ヤングはその一人、アンディ ・ウォーホルもその一人だったと語っている。彼らはウォーホルの映画の仕事をしていた人達と出会い、仲間として迎えられる事になる。ウォーホルは ルー・リードの曲を心から愛して、マネージャーとなり、プロデューサーとなった。メンバー達の為に楽器を買い、毎日のようにレストラントでごちそうした。

ウォーホルはルーにある時、『今の時代で行っている事はおそらく私達の人生では二度と見る事が出来ないよ』と語った。これは僕も他のアーティストからも聞いたことがある言葉だった。ウォーホルはルーに、『なぜ、そんな怠慢なんだ。もっと曲を書きなさい』と言った。ルーは多くのインタヴューでウォーホルは天才だったと言っている。彼と会話をするだけでも、今まで見えていなかった事が見えたり、気が付く事が出来た。ウォーホルは人の作品に、いつも良い面を見て、励ました。悪い事を言うのは聞いた事がなかった。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドをやっていた4年間に、一つの芸術革命が起きた。革命はその後すぐに、デヴィッド・ボウイ、ロキシー・ミュージック、ブライアン・イーノ、等に引継がれ、70年代の実験的なロックから環境音楽が出来る土台となった。そして、このヴェルヴェットの4年間にはすでにルーの作品で最も知られるようになる多くの曲がラフな状態で残されていた。多くの曲はまだその当時、未発表だった。70年代になって彼のソロ・アルバムでそれらの名曲が完成された形で発表されたのだった。僕にとってルー・リードの『ベルリン』は、60年代ー70年代の生活を、最も素直でやさしく表現した名作だ。この作品の曲は何度も演奏した。その時代でニューヨークに生きた人々が感じた事を、最も直接的に伝えられて、タイム・トラヴェルが出来るような曲集だと思う。『ベルリン』のプロデューサー、ボブ・エズリンは後にピンク・フロイトの『ザ・ウォール』で同じタイプの編曲をしている。

(『荒地』の作家)、そして、デルモア・シュワルツの影響をロックのビートの曲で作りたかったのだ。ロックのビートで歌われる詩はサウンドでもある。60年代前半にPickwickという当時のヒット・ソングの模造品をスーパー等で売るレコード会社があった。大学卒業後、ルーはまず、そこでソングライターとして仕事を始めた。彼は短時間でポップ・ソングを作る技術をここで学んだ。これは後でやくにたった。ルー・リードの文学的なテキストの後ろからはアメリカン・ポップスが聴こえてくる。ルー・リードの『ベルリン』を自分で演奏して見ると良く分かった。

この頃、ルー・リードはジョン・ケールと出会った。ジョン・ケールは現代音楽家クセナキスから作曲を学び、ラ・モンテ・ヤングが始めた最初のミニマル・ミュージックのグループのメンバーだった。ジョンはルーが書いていた『ヘロイン』等の曲に刺激を受け、二人は一緒にグループを作る。彼らの友人で、前衛的な音楽家トニー・コンラッドは彼らにヴェルヴェット・アンダーグラウンドと命名する。初期の頃には現代音楽からフリー・ジャズ的な色々な音楽の実験をやっていた。その頃の音源は、後にジョン・ケールの実験音楽CDとして発売された。

ジョン・ケールは英国ウエールズから来た人だった。ニューヨークには当時数人のカリスマ的なリーダーがいて、ラ・モンテ・ヤングはその一人、アンディ ・ウォーホルもその一人だったと語っている。彼らはウォーホルの映画の仕事をしていた人達と出会い、仲間として迎えられる事になる。ウォーホルは ルー・リードの曲を心から愛して、マネージャーとなり、プロデューサーとなった。メンバー達の為に楽器を買い、毎日のようにレストラントでごちそうした。

ウォーホルはルーにある時、『今の時代で行っている事はおそらく私達の人生では二度と見る事が出来ないよ』と語った。これは僕も他のアーティストからも聞いたことがある言葉だった。ウォーホルはルーに、『なぜ、そんな怠慢なんだ。もっと曲を書きなさい』と言った。ルーは多くのインタヴューでウォーホルは天才だったと言っている。彼と会話をするだけでも、今まで見えていなかった事が見えたり、気が付く事が出来た。ウォーホルは人の作品に、いつも良い面を見て、励ました。悪い事を言うのは聞いた事がなかった。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドをやっていた4年間に、一つの芸術革命が起きた。革命はその後すぐに、デヴィッド・ボウイ、ロキシー・ミュージック、ブライアン・イーノ、等に引継がれ、70年代の実験的なロックから環境音楽が出来る土台となった。そして、このヴェルヴェットの4年間にはすでにルーの作品で最も知られるようになる多くの曲がラフな状態で残されていた。多くの曲はまだその当時、未発表だった。70年代になって彼のソロ・アルバムでそれらの名曲が完成された形で発表されたのだった。僕にとってルー・リードの『ベルリン』は、60年代ー70年代の生活を、最も素直でやさしく表現した名作だ。この作品の曲は何度も演奏した。その時代でニューヨークに生きた人々が感じた事を、最も直接的に伝えられて、タイム・トラヴェルが出来るような曲集だと思う。『ベルリン』のプロデューサー、ボブ・エズリンは後にピンク・フロイトの『ザ・ウォール』で同じタイプの編曲をしている。


60年代前半にPickwickという当時のヒット・ソングの模造品をスーパー等で売るレコード会社があった。大学卒業後、ルーはまず、そこでソングライターとして仕事を始めた。彼は短時間でポップ・ソングを作る技術をここで学んだ。これは後でやくにたった。ルー・リードの文学的なテキストの後ろからはアメリカン・ポップスが聴こえてくる。ルー・リードの『ベルリン』を自分で演奏して見ると良く分かった。

この頃、ルー・リードはジョン・ケールと出会った。ジョン・ケールは現代音楽家クセナキスから作曲を学び、ラ・モンテ・ヤングが始めた最初のミニマル・ミュージックのグループのメンバーだった。ジョンはルーが書いていた『ヘロイン』等の曲に刺激を受け、二人は一緒にグループを作る。彼らの友人で、前衛的な音楽家トニー・コンラッドは彼らにヴェルヴェット・アンダーグラウンドと命名する。初期の頃には現代音楽からフリー・ジャズ的な色々な音楽の実験をやっていた。その頃の音源は、後にジョン・ケールの実験音楽CDとして発売された。

ジョン・ケールは英国ウエールズから来た人だった。ニューヨークには当時数人のカリスマ的なリーダーがいて、ラ・モンテ・ヤングはその一人、アンディ ・ウォーホルもその一人だったと語っている。彼らはウォーホルの映画の仕事をしていた人達と出会い、仲間として迎えられる事になる。ウォーホルは ルー・リードの曲を心から愛して、マネージャーとなり、プロデューサーとなった。メンバー達の為に楽器を買い、毎日のようにレストラントでごちそうした。

ウォーホルはルーにある時、『今の時代で行っている事はおそらく私達の人生では二度と見る事が出来ないよ』と語った。これは僕も他のアーティストからも聞いたことがある言葉だった。ウォーホルはルーに、『なぜ、そんな怠慢なんだ。もっと曲を書きなさい』と言った。ルーは多くのインタヴューでウォーホルは天才だったと言っている。彼と会話をするだけでも、今まで見えていなかった事が見えたり、気が付く事が出来た。ウォーホルは人の作品に、いつも良い面を見て、励ました。悪い事を言うのは聞いた事がなかった。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドをやっていた4年間に、一つの芸術革命が起きた。革命はその後すぐに、デヴィッド・ボウイ、ロキシー・ミュージック、ブライアン・イーノ、等に引継がれ、70年代の実験的なロックから環境音楽が出来る土台となった。そして、このヴェルヴェットの4年間にはすでにルーの作品で最も知られるようになる多くの曲がラフな状態で残されていた。多くの曲はまだその当時、未発表だった。70年代になって彼のソロ・アルバムでそれらの名曲が完成された形で発表されたのだった。僕にとってルー・リードの『ベルリン』は、60年代ー70年代の生活を、最も素直でやさしく表現した名作だ。この作品の曲は何度も演奏した。その時代でニューヨークに生きた人々が感じた事を、最も直接的に伝えられて、タイム・トラヴェルが出来るような曲集だと思う。『ベルリン』のプロデューサー、ボブ・エズリンは後にピンク・フロイトの『ザ・ウォール』で同じタイプの編曲をしている。




ロックとファッションとアートな日々

Breeders_025.JPG



4072022e943662a3123366ff2374318e.jpg
bella_retro_by_blooding-d2ydruc.jpg45480ccf816b0684b93bc1cca760523e.jpg6377ae30190d153efb02d779d760b391.jpga7db8d5d8e39565facf36f7411afc6f6.jpgAnother-Day-Another-Man-Mary-Ohara-9.jpgBreeders-LeeAnne-Baker-14.jpgBlondie_VinylPhotos_5-bychrisstein.jpgtumblr_lv1cpt6PYq1qi4y75o2_500.jpgtumblr_lr5pbdFoPV1r25fpco1_500.jpgLillian-McKevitt.jpgLiquid-Sky-Anne-Carlisle-8.jpge700ca9e5c83c1b07a33f8785545fe06.jpg



GLAMOUR

Tuesday, 29 November 2011

THE GLAMOUR 

Lana Turner

Ursula Andress

Sari Maritza

Sharon Tate

Kim Novak

Karen Black

Bebe Daniels

Carol Lynley

Pier Angeli

Loretta Young

Judy Garland

Colleen Moore

Joan Blondell

Jean Simmons

Louise Brooks


ロックとファッションとアートな日々

49a18fa7.jpg



66ac2647cca2885fabc7554412a28191.jpg87f1d0a5c41e7a8c9e579996ed0fec5c.jpg280full-2.jpg500full-2.jpg520b879a1b0454ffa52332ac9fd5a971.jpg6e5bd2b5295d64a98239b87752a38a8f.jpg500full-7.jpg7084e837bfdea015c315196fca179b9c.jpg128293ed13d42aa0a8b445ad5e034e87.jpg7303887ea09eb6131f6a335b96615f3b.jpg12032253_10153909010031677_1919757441659160838_n.jpg12063665_10153912102061677_2277660193719697038_n.jpg12087653_10153896664381677_3913156201262219860_o.jpg12107980_10153896664141677_4370518652968344782_n.jpg12122497_10153899496196677_1825684601108944008_n.jpg12189592_10153914958266677_5573280067143453329_n.jpg20080912_451000.jpg9328279591_c5dbf3ef98_c.jpga087b0b8ae83c8cf65be9399e7f1b71b.jpgaf0a6ba081f99941b51e04151e10d4a2.jpgAll-Ladies-Do-It-Claudia-Koll-7.jpgAnother-Day-Another-Man-Mary-Ohara-4.jpgb4055ad87d6e1b4964d4d0460cdff7d1.jpgblack_lady_by_blooding-d2yrfdx.jpgblondie1-640x427.jpgBreeders-Adriane-Lee-6.jpgBreeders-Teresa-Farley-22.jpgc3347a2d4054a35cdb4799bd336e5b22.jpgdc4b5670653014d0a34625d8e2c1e021.jpgDevil-in-Miss-Jones-4-Lois-Ayres-2a.jpge8b2c249c740ce0a368830af53c7430c.jpgee29f3d7d6830ef0c05ababf71ba3495.jpgDevil-in-Miss-Jones-4-Paul-Thomas-9.jpg



1234567891011

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »

このページのトップへ