HOME > SAIKA Fashion&Hair Blog > アーカイブ > 2018年1月アーカイブ

SAIKA Fashion&Hair Blog 2018年1月アーカイブ

シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

e0042361_21114034.jpg

松本弘子


ピエールカルダンに日本人では初めて認められてパリコレのモデルとして起用された松本弘子!そんな彼女はフランソワーズトリュフォーの映画、家庭でジャンピエールレオの浮気相手役も演じております。1960年代、日本人のボブヘアは東洋的な神秘性がかっこよかった時代背景でもありました


e0042361_21121869.jpg

e0042361_2112183.jpg

e0042361_21301468.jpg

e0042361_21215537.jpg

e0042361_21344728.jpg


シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

claudia-cardinale.jpg

Claudia Cardinale


ヘアスタイルと一言で
言いましても
その女性により
髪質に違いがあります
どんな髪質であれ
必ず
素敵に
なれると思うのです。
ショートスタイルにしても
ロングヘアにしても
その人の
特性を生かすことが
技術だと
考えております

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

tumblr_mxq8burmjz1rczr2wo1_1280.jpg

40歳からの大人の女性は
もっと
お洒落イズムを
愉しんでもいい
世代だと思うんです。
20代や30代までは
照れくさくて
恥ずかしいと
考えていたアイテムも
40歳過ぎたら
なんでも
愉しむことを
おすすめします

images-1.jpeg

Claudia Cardinale


シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

アントワーヌ・ドワネルの冒険ー 夜霧の恋人たち ーBaisers voles


e0214793_08433662.jpg

兵役を終えた(というか、放り出された)アントワーヌは、再びサクレ・クール寺院の見える、自分のちいさなアパルトマンに帰ってくる。
真っ先に、ガール・フレンドのクリステイーヌの家へと向かうアントワーヌ。クリステイーヌはあいにく留守だったけど、相変わらずガールフレンドの両親にもてもてのアントワーヌは、まあまあゆっくりしていきなさいと引き止められて食卓へ。ちょうどよく彼らの知り合いを通じて、ホテルの夜勤の仕事を紹介してもらった。

e0214793_22533070.jpg


夜勤中にクリステイーヌが会いにやって来る。明らかに、アントワーヌのことが気になるみたい?でも彼女なら、絶対理想の女の子!
e0214793_22562516.png


 ホテルで仕事中(!)の探偵に、よかったら自分のところで働いてみないかね?と誘われたアントワーヌは早速転職! でもこの仕事、本当に向いてるの..?

e0214793_08422218.jpg
 

木の陰に隠れてるのがアントワーヌ。でもこれが慣れないとなかなか難しい。もうマダムにはバレバレ!!お巡りさんに通報されちゃう。
e0214793_22565663.jpg


ある男を追跡中、通りで、バッタリ初恋のコレットに遭遇!!なんと、夫は昔の恋敵アルベール。
「今度、デイナーにいらっしゃいよ」と軽く誘われたけど、平穏でいられないアントワーヌ。またもや追跡に失敗!!
e0214793_22540508.jpg


 探偵の次は、大手の靴屋の店員にまたもや転職。!でも、オーナーの奥さんはとびきり魅力的....!なにかが起こりそうな予感。
e0214793_08412557.jpg

 自分が恋に落ちてしまったことを隠せないアントワーヌ。同僚に、夫人を賛美する言葉をべらべらしゃべりまくる。
e0214793_08415740.jpg



 ブルジョワの奥さんであるタバ夫人はエッフェル塔(後ろ!)の見えるアパルトマンで退屈していた。従業員たちの噂話で、アントワーヌが自分に好意を抱いていることを知った彼女はアントワーヌにシックなネクタイを贈る。
e0214793_22544281.jpg


 ある朝突然アントワーヌを訪ねる夫人。アントワーヌはまだベッドのなかだった。部屋には、クリステイーヌの写真が飾ってある。夫人はアントワーヌにあとくされのない、一回きりの不倫を提案する。
e0214793_22534968.jpg


e0214793_00325623.jpeg
 


  でも、本命はやっぱりクリステイーヌ。というか、クリステイーヌのほうがアントワーヌに執心している様子。両親がバカンスに出かけたのをみはからって、いよいよアタック開始。わざとテレビの部品をはずして壊れたように見せかけ、靴屋を辞めたあと電気修理工になったアントワーヌを家に来させる。クリステイーヌの作戦は見事成功。ふたりは幸せに朝を迎える(彼女は彼に、いかにラスクを破損させずにバターを塗るかのテクニックを伝授する)。 そしてアントワーヌは......,
ついに彼女に求婚する! めでたし、めでたし。
e0214793_08404764.jpg




e0214793_00365381.jpg


シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

elle-3-brigitte-bardot-trench-coat_rect490.jpg

画像•ブリジッドバルドー

40歳を過ぎたら
女性は大胆なファッションを
日常生活にとりいれても
いいと思うのです

現代社会は30代では
まだ若いように思うのです
しかし
40歳を過ぎたら
独身であろうが既婚であろうが
美しさはいよいよ磨きが
かかる年齢だと思うのです

いつのときも
僕はブリジッドバルドーの
かっこよさに
惹かれてきました
とにかくバルドーは
魅せ方が上手い

そんな彼女のファッションや
ヘアメイクは
世の大人の女性にとって
とても参考になるのではないかと
思うのです

たとえば、ファッションは
窮屈なものと
お考えになって頂いても
かまわないと思うのです

女性に磨きがかかれば
この世は
素敵な
美の世界です

そんな気がします

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

_1_image_size_390_x.jpgimages.jpegmig-1.jpegmig.jpeg


シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

aflo_BYBA004618_rect490.jpg

画像•カトリーヌドヌーブ

美容師として歩みはじめた
1980年代、僕は
女性のヘアスタイルを
つくるうえでヘアセットの
テクニックを身につける事は
避けては通れないと思っていました

ヘアカットの技術はもちろんなのですが
セットの技術は必ず世の女性に必ず喜ばれる
ものだと信じたからでした。

フランスの美容師の技術を
自己流で学び、そしてパリまで
実際に行ってたくさんの
スタイリングの技術を身につけてきました

カトリーヌドヌーブは少年時代から
憧れる女性のお一人でした
彼女の映画のシーンには
普段使いのアップスタイルが
たくさ登場します

西洋人にとってアップスタイルは
日常ではあたりまえになっているのですが
日本においては
ただゴムで縛るかバレッタで止める程度が
とても多いのです。

西洋人のようにお出かけの時には
たまには気張らないアップスタイルも
素敵だと僕は思うのです
しかし
美容室でのアップスタイルと言うと
どうしてもがんばった感のある
ヘアスタイルになってしまい
どれも僕の目には
素敵には
見えないのです

僕はカジュアルなアップスタイルを
つらせたら一流です
自分で言うのもなんですが
それができる
日本人美容師は
少ないからです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

153d758922e12cc6554c8303d191f9ef.jpg

よそゆきではない
アップのデザイン
それは
簡単に
しゅっと
纏める
テクニックなんです

226169326370c2d487ebfaaf4b06595b9460f135.jpg

その時々の
装いにあわせてつくる
アップ
そこがポイントです

45ed436c360dfeb46ea0aa59cfe8541a.jpg

素敵なものは
素敵
美しいものは
美しい
そういう
単純なものだと
思うのです

3d1d2e3288de193e28e0af27c6fbf877.jpg


シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

アヌークエーメのスタリングに学ぶ

ヌーベルバーグのファッションコーディネート!!


La francesa comenzó su carrera a fines de los años '40, pero no fue hasta que co protagonizó junto a Marcello Mastroianni el clásico de Fellini "La Dolce Vita" (1960) cuando se transformó en una de las mejores actrices de la pantalla. Con elegancia, estilo y mucha actitud, Aimée llegó a actuar en otros clásicos como "Lola" de Jacques Demy, el director francés que creó algunos de las historias más grandes del cine -"Les parapluies de Cherbourg"-, donde su imagen se consolidó definitivamente. Aquí, su rol de cantante de cabaret se transformó en un homenaje al Ángel Azul de Marlene Dietrich y Josef von Sternbeg, demostrando que también podía ser sensual y atrevida.

Anouk AiméeAnouk AiméeAnouk Aimée



シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

Anouk Aimée, el icono olvidado


Anouk Aimée

ヌーベルバーグにおいてアヌークエーメの存在は別格の存在感があります。

映画の中のアヌークのヘアメイク、コスチュームから身のこなしまで

全てが勉強になりますね

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


Para muchos, Brigitte Bardot, Marilyn Monroe y Jane Birkin, entre otras, han sido las grandes estrellas y divas que simbolizan con fuerza las décadas de los '50, '60 y '70. Su estilo, belleza y sensualidad las han llevado a influenciar películas, generaciones, arte y diseñadores, pero en esa misma época existieron otros íconos que parecen no tener el mismo peso. Anouk Aimée es uno de los grandes nombres del cine, una de esas divas que quizás no se recuerdan mucho popularmente pero que ha estado presente por varias décadas en clásicos y otras historias de amor difíciles de olvidar.

Anouk Aimée



シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

ANNA KARINA, BLACK AND WHITE, CIGARETTE, EYES, LINGERIE, PAGE, SMOKE, SMOKEME


アンナカリーナの映画のヒロインを演じるなんて
素敵なことです。短めのボブスタイル、そして
メイクアップやファッションのコーディネート
どれをとってもゴダール監督作品は美に溢れて
いますね

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘
anna karina, black and white, cigarette, eyes, lingerie, page, smoke, smokeme, smoking, vivre sa vie

シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる



RIP Annie Girardot


Here we go with another obituary. Darn.

シネマのシーンは、素敵なスタリングがたくさんあります。ヘアスタイルはもちろん
ファッションのコーディネート、そして女優さんの立ち振る舞いなど自分自身を演出
していくための参考にしても面白いかもしれませんね

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

I hadn't thought of Annie Girardot in a while. Then I heard the news of her passing, and the memories came raging back. I must have watched and re-watched my crappy tenth-generation VHS dub of Rocco and His Brothers dozens of times when I was in high school (thanks, Facets by Mail!), and as much as I was impressed by all the stuff I was supposed to be impressed by - Visconti's direction, Nino Rota's music, Alain Delon's soulful innocent, Renato Salvatori's tormented, eye-rolling antihero, etc. etc., it was Annie Girardot's Nadia that I found most captivating at all.

In part, it's because she was (duh) beautiful. But it wasn't just that. Nadia was both high and low - a temptress (she was, after all, a prostitute) with genuine earthiness and confidence in her skin. (The way she offhandedly plays with and caresses her legs was one of the sexiest things I'd ever seen.) She wasn't a femme fatale, but rather someone you might conceivably meet on the street. Okay, maybe not my particular street, but I think you know what I mean.

But as the film rolls on, this naturalistc, seemingly everyday character becomes something else entirely - a tragic, operatic figure. Of course, Visconti specialized in this sort of thing - as his stories progress, his characters often gain mythic dimensions, be they bourgeois industrialists who become Oedipal Nazi monsters or virginal, impressionable kings who become mad symbols of aesthetic-spiritual abandon. 

Visconti was a deceptively great director of actresses. Even though most of his films tend to be ostensibly about men, the women resonate in dramatic ways. In the end, isn't The Leopard as much about Claudia Cardinale as it is about Burt Lancaster? Isn't Ludwig as much about Romy Schneider as much as it is about Helmut Berger? And, let's face it, isn't Rocco and His Brothers as much about Annie Girardot as it is about Delon and Salvatori? 

David Hudson has a nice roundup of links at the MUBI Notebook, here.

シネマのシーンから、お洒落イズムを真似てみる

DMoVmEeX4AIJjaK.jpg

ジャックドゥミ監督作品 シェルブールの雨傘

アップスタイルと言うと
自分には上手く出来ないと言う
女性も多いかと思われます
せっかくの
ロングヘアなら
日常の
シーンでも
アップスタイルは
とても素敵に
女性を演出してくれるものだと
思うのです

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



シェルブールの雨傘.jpeg

シェルブールの雨傘

この映画のテーマは「結婚における男女のタイミング」です。


<<前のページへ1234

« 2017年12月 | メインページ | アーカイブ | 2018年2月 »

このページのトップへ