HOME > SAIKA Fashion&Hair Blog

SAIKA Fashion&Hair Blog

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

burt_glinn_france_life_fashion_640x480.jpg

普段の生活の中ではドレスアップできる
機会は少ない。それは日本という文化が
そうなっているのだから、ドレスアップの
機会は少ない。しかし、少ないながらも
ドレスアップする機会を自らがつくりだして
いくことはけして悪いことではない。
というよりも、女性がドレスアップすることは
女が磨かれるということは間違いないのだ。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

burt_glinn_elizabeth_taylor_stairs_640x480.jpg

メーキャップというのは
それぞれの趣味嗜好は
あれど、自分に似合う
色やスタイルをみつけだすという
興味が重要なんだと思う。
自分の顔を客観的に捉えてみたり
色々と試行錯誤することは
女性にとってはこのうえない
喜びへときっと繋がるものだと
考えられる

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

b298f07c543dc9883903c59a8f5985a7.jpg

ファッションにおけるセンスというのは
ある意味、冒険心をずっと大人になっても
保ち続けていなけばセンスは進化し磨かれ
てはいかないものなんだと思う。
自分に似合うをわからないという女性は
単なる冒険心をどの時点かで置き去りに
してしまってきているにすぎない。
しかし、女性はどの年齢からでも
またファッションへの冒険心を
開始できるはずなんだ

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

b0bd6f30aec02655a94084d32bff5415.jpg

なにをもって
可愛いという表現を知ることができるだろうか?
僕の中にある可愛いと思える事は少女の可愛さと
いうニュアンスを思い浮かべる事がある。
きっと女性は男性とはちがって大人になっても
ずっと可愛いというニュアンスを誰しもが
多かれ少なかれ知っているのだと思う。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

35928209_1800765719967377_229688649057304576_n.jpg
それぞれのシーンにヘアスタイルがあって
メイクがある。髪の表情であったり、メイクが
崩れていることだったり、ひとつひとつの
表情を映画やドラマなどのシーンから僕は
あらゆる表情をみつけだしたいといつも
考えている

SAIKA ディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

7097f0d710a36280be8296e9453d7392.jpg

ファッションが素敵であることじたいが
気分がいいものだと思う。
ヘア、メイクはファッションと
離れたところにあるのではなくて
その関係性を愉しむものだと思える

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

7f96361a25a5dc2fb780d89bb8cc421d.jpg

ヘアスタイルは60年代でさえ
素敵なアレンジがいくらでもありました
現代は2019年。
もっと大胆なアレンジのスタイルを
愉しんでもいい時代だと思う

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション

6c6f9b6edc88420d400484a22f62ee52.jpg

60年代ファッションから学ぶロングストレートヘア
今の時代においても十分素敵ですね

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

マイジェネレーション

1964-pattie-boyd-with-the-rolling-stones.jpg

ザローリングストーンズ 60'S

すべては1960年代からはじまった
ロック、ファッション、アート
SAIKAが影響を受けて世界に発信する
ヘアデザインの根源がスィンギンロンドンの
時代からはじまったていた。
1960年代、まだ僕が幼少だった頃
この時代のかっこよさをずっと
保ち続けることが現在のSAIKAに
つながっていくと思った。
時は2019年
SAIKAのつくりだすイメージワークの
全てが今、またはじまっていく

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA COIFFUR 60年代ファッション



Swinging London's BIBA

Biba began as a tiny boutique in Kensington and grew rapidly to become one of the great symbols of Swinging London in the 1960's.



Barbara Hulanicki was born in Warsaw. Her mother brought her and her sisters to Britain after their father was murdered by terrorists in Palestine. She studied at Art College and became a freelance fashion artist for a variety of magazines.

Barbara Hulanicki started 'Biba' as a mail-order operation in 1964 with her husband Stephen Fitzsimon "Fitz'. They felt that the price of designer goods was far too high for most people and adopted and promoted the 'use for a while, throw away and buy more' marketing philosophy.


Barbara designed her own fabrics, generally using combinations of 'art deco' and 'art nouveau'. The business really took off when the Daily Mirror featured one of their gingham dresses and orders started to pour in.



Hulanicki's ultra modern, affordable and attractive styles made her a cult figure in the fashion business leading, in 1963, to her opening the BIBA boutique in Abingdon Road. Dark wood screens, low lighting and pop music gave the place the air of a discotheque and potential customers were actively encouraged to go inside and try whatever they liked.




The fashion of Biba ranged from mini skirts and dresses to trouser suits, T-shirts, boots and a children's department at the back of the shop. Barbara also devised new lines in cosmetics which were perfect for that elegantly wasted look; brown lipstick, which was soon followed by shades of blue, green, purple and black with matching eyeshadows and contour powders. Biba also had coloured wigs and boots with ridiculously high heels, all creating styles which were copied throughout the world.

Twiggy in a black sequin tube dress posing at Biba.

The largest store was opened in Kensington High Street in 1969, which had an all-black 1930s style décor. Selling everything with the famous black and gold logo on it; Biba clothes, Biba make-up, Biba toys, etc. It survived until 1973 when it moved to the old Derry & Toms store in Kensington, finally closing it's doors in the mid-seventies. Bibarelaunched under new ownership in 2006.


<<前のページへ56789101112131415

アーカイブ

このページのトップへ