HOME > SAIKA Style > ソフトパーマデザイン > 70年代ファッション

SAIKA Style

ソフトパーマデザイン

SAIKA

70年代のローレンハットンをイメージしたミディアムレイヤースタイル。大きめのソフトパーマは外国人特有のクセ毛風な雰囲気をつくり、オフタイムにはナチュラル感を引き出します。普段は大きめのカーラーで巻いてエレガントさを引き出す事もでる優れものソフトパーマです。シルエットは全体的にボブ的な雰囲気ではありますが、ソフトレイヤーで軽さを惹きだし毛量調整のみであまり髪を梳かないようにしてあります。重めのカットであるからこそ出せる質感もあります。一見細かいパーマにも見えますが大きめのパーマなんです。しっかりと大きく巻いたパーマは持ちもよく、髪が乾いた状態のときこそ生かされるソフトパーマデザインでもあるのです

70年代ファッション

< 60年代ファッション  |  一覧へ戻る  |  70年代ファッション >

Category

このページのトップへ